» 2013 » 11月のブログ記事

とにかく環境

| 語学 |

様々なメリットを挙げる事が出来るのが留学ですが、一番のメリットというのはやはり環境でしょう。
語学留学であれば、目的とする語学しか使われていません。
駅前留学とは訳が違うのです。

そのため、とにかく常に外国語に触れている事が出来るのです。
通訳などもいません。
留学の生活に環境しようとする努力が、自分が求めている能力の向上になるのですから、留学が多くの人に求められているのも当然なのかもしれません。
しかも、非日常的な環境に身を置いている事もあり、勉学に身が入るという点も挙げられるでしょう。
自宅の場合やる気にならないという人は珍しくありません。
どうしても甘えが出てしまい、勉強そのもののやる気が起きない、湧かない。
そのような人は多いでしょう。
しかし、留学の場合環境そのものが変わりますので、やる気が溢れるという人も少なくないのです。
留学という刺激のおかげで勉学に身が入り、自分が求めていた能力を手に入れる事が出来たという人は珍しくありませんから。

一からの勉強

環境こそが留学のメリットだという人は珍しくないのですが、一から頑張る事が出来るという点もまた、留学のメリットとして挙げられます。

日本での勉強ですと、どうしても見得を考えてしまったり、努力を知り合いに見られたくないという人もいるでしょう。
しかし留学の場合、異国の地という、いわば環境が大きく変わります。
おかげで知り合いなどいませんから、努力する姿を誰かに見られる事もありません。
心をゼロにして、しっかりと勉強する事が出来るのです。
駅前留学なんかですと、見得を張ってしまう事もあるでしょう。
また、自分一人で勉強していると、友人からの誘いなどがあると断り辛いためにそれに流されてしまうという人もいるのではないでしょうか。

しかし留学であればそのような心配も無用です。
なぜなら、知り合いもいませんし、自分の事を知っている人もいないでしょう。
おかげで留学中はまさに「一から」の勉強が可能となっているのですが、それも大きなメリットでしょう。

住宅は昔から一戸建てがいいと思っていました。
私がなぜマンションでもなく住宅を一戸建てにしたのかは、庭があるのが1番の理由です。
庭があればガーデニングもできるなって思ったのです。
そして子供たちと一緒に庭で遊び隊と思ったのです。
そこで庭にある一戸建てに住むのが夢でした。
外に思い切り洗濯物を干したりできるのがすごくしあわせに感じます。
芝生の庭が居心地いいと思います。
マンションだと芝生やガーデニングの楽しさがないと思ったのです。
そこで外でも落ち着けるスペースが欲しかったので一戸建てで庭のある場所を選んだのです。

そして一戸建てだと部屋数も多いので家族みんなが自分のスペースでそれぞれの時間を過ごすこともできるし、また家族みんなでリビングに集まっておしゃべりしたり、お茶をしたりできるスペースもあります。
広くてのんびりできるのでアパートとは違った生活ができています。
それぞれの部屋があって収納もいっぱいあります。
部屋もきれいに片づけられるので広くてきれいで一戸建ては便利です。
のんびり毎日生活ができるので私は一戸建てを選んでよかったと思っています。
部屋が広く気持ちがいいので休日ものんびりできるので居心地がいいものです。

私の友人に、仕事とルーティンワーク以外の時間をすべてゲームに裂いている人が居ます。
なぜかとたずねると、これ以外に見つからないから、という答えが返ってきました。
かくいう私は、趣味なんてしてるほど時間に余裕は無いのですが、他に楽しいと思うことは無いのかとたずねると、少し考えて、特に無いといいます。
私にとってそれは異様なことであり、それをうらやましいと感じます。
その人はおそらく、趣味はなんですかという問いかけに、ゲームです、と答えるでしょう。そのことに何もためらうこともなく。

私は子どものころ、親にゲームを買ってもらったことがあります。
兄と一緒にやった記憶もあります。
けれど、中学、高校、大学と、進学するにつれて徐々にやらなくなっていきました。
あまりやると親にこっぴどく怒られる、ということもありますが、本当のところは、高校受験や大学受験のための勉強がドンドン忙しくなってきたからです。
ゲームをやる暇がなくなってしまったということです。
ゲームはおもしろいと思います。
私も時間が空いたなら少しやってみたいと思うほど。異世界を旅して、何かを手に入れること、そこにはとてつもなく大きなロマンがあると思います。