» 健康・医療のブログ記事

関節リウマチは関節が痛みを伴って変形は進んでいく怖い病気です。患者数も多く予備軍の人も含めるとかなりの人数です。まず症状としては朝起きた時に手がこわばって動かないなどの動きにくさがあります。動かしているうちに関節の痛みも薄れるのですが、だんだんと動かない時間が長くなって気がついたら化案説が変形し始めて痛みで眠れないこともあります。その進行は人によってかなりのばらつきがあるのですが、少しでも関節に違和感を感じたら早いうちに医者に相談してみましょう。できれば関節リウマチの専門の医者がよいのですが初めは近所にある整形外科でもいいでしょう。関節リウマチは血液検査ですぐに調べることが可能です。もしそうであれば早めの治療が必要です。
関節リウマチは整形外科でも診てもらえますができればリウマチ科の医者で診察を受けることをお勧めします。人それぞれの症状があるのでやはり多くの症例を診ている専門医の方が安心して治療を受けることができます。また関節リウマチは完治する病気ではないので一生上手に付き合っていく必要があります。専門の医者であれば検査や治療はもちろんのことですが、その生活の仕方までも細かく相談にのってもらえます。
また今関節リウマチは新薬も出て患者yの症状によって多くの薬を使い分ける必要があります。症状がすすめば手術をして幹部によっては人口の関節にすることもあります。そうした手術を考えるとやはり関節リウマチの専門の医者にかかったほうがいいと思われます。早期に適切な治療を施してもらえれば進行も痛みもかなり抑えることができるので関節リウマチと診断されたのなら医者を選ぶところから気を付けてみましょう。